梅と椿の取り合わせは・・・何故か

椿のほうが少し早くから咲き始めてくれるかな・・・おまけに蕾がいつまでも次から次へと開いてくれ周囲の緑の葉っぱと共に楽しませてくれる。                       また 苔の上にポトリと落ちた椿の花がこれまた憎らしいくらい引き立ててくれる。

そこに、周りの枝垂れ梅が更に盛り立ててくれる。                何とも言えない感動的な様相を呈してくれ至福の時を迎える。           これが・・・いつまで居ても飽きないほどの無限の時を迎えるのだ・・

 

ようやく天気・・・大行列

暖かく梅が満開を迎えているのに・・・長雨で出かけられないこの時節

ようやく天気に恵まれ、城南宮に出かけた。ところが・・・考えることは皆同じで

朝一の車は大渋滞、満車・・・・諦めて出直すことにした。午後3時頃なら・・・と

出直したが、やはり満車・・・・ところが幸運に恵まれて、駐車場の統制員の方が

バス・タクシ-専用の駐車場を開放してくれた。一番乗りだった・・・・感謝だ

しかし、境内の前には、多くのお客様が行列で並んでいる。こんなことは、初めてだ。

根性で並んで、身動き取れないほどのところを1時間もかけて楽しんだ。

梅は・・・ちょっぴり峠を越えていたかな・・・・

 

連日の雨模様・・・だが梅は各地で超満開

今週は、長雨による悪天候が続き・・・どこにも行けない・・・・

お陰で、気温は高く、梅が各地で満開を迎えている。

1週間から10日早い見ごろと・・・・伝えられており、今月で見納めかも・・・・

悔しいので、梅とメジロのイラストを作成して、自己満足している。

 

飾り方ひとつで・・・・

花たちの美しさは・・・それそのものだけで決まるのもあるが・・・・

それに色んなものを組み合わせて、飾りつけすると・・・これまた一段とその輝きを

発揮してくれる。その人の感性と言うのか、その素晴らしさに感動する。

 

何気ない風景なのだが・・・

本屋さんのこのような本の整列・・・如何にして読者の目を引くか・・・

何も気にせず、通り過ぎるのが普通だろう。

通路の壁には、このような宣伝らしい絵が掲示されている。

奇麗だなあっ・・・と見ながら通り過ぎるくらいなのかな・・・・

 

春の草花展でのすばらしさ・・・・

植物園のほぼ中央広場に・・・毎年2月になると・・・ビニ-ルハウスの中に春の草花を楽しませてくれる催しがある。ほんとに素晴らしい催しだ。

今年はいつもと違ってとてもとても長いトンネルが出来上がり、楽しませてくれた。 これだけの準備をする方たちの苦労が偲ばれる。

この何もない時節に・・・これだけの花たちを見ることが出来るのは・・・私にとって最高に幸せだ・・・・近くにあれば・・・毎日でも出かけたいものだ・・・・

 

挑戦と快挙

日本の宇宙への挑戦が素晴らしい成果を上げている。心から・・嬉しい限りだ。

今年に入ってから、月への着陸や大型宇宙ロケットによる地球の周回に輝かしい成果を

あげて今後の宇宙への研究が楽しみだ。